注目の記事 PICK UP!

【今週の朝活】美輪明宏の名言で仕事の悩みがふっとんだ

僕の本業はサラリーマンです。

2018年1月1日付けで、出世したんです。

ずっと目指していたポストで、やる気に満ち満ちていました。

でも話は、そう簡単ではなく・・・。

これは偶然なんですが、2018年3月半ばから、業務内容が一部変更がありました。

僕も新しいポストに慣れていないこともあり、自信喪失。

そんなとき、もともとファンだった美輪明宏さんの本を読みました。

 

仕事の悩みを一掃できた

 

追い詰められた人間が考えることは単純で。

仕事やめようとか、転職しようとか考えていました。

入社してから3年。ずっと今のポストを目指して働いていました。

入社してすぐ、目標とする上司が見つかり、その人と同じ地位で仕事したいと思ったんです。

3年かかってやっと理想のポストに昇進。

でも、なんだか虚しさがありました。

これは燃え尽き症候群なのか。

何でここまで頑張ってきたのか。何がしたいのかわからなくなったんです。

思えば、昇進することそのものが目標で「そこで何をするか」「どうしたいか」を考えてませんでした。

美輪明宏の『悩みも苦しみもメッタ切り』の名言

そんなときに、美輪明宏さんの『悩みも苦しみもメッタ切り』を読みました。

悩みがフッと軽くなりました。

 

出世したけど感謝がなかったと気づいたんです。

僕が出世したのは、確かに自分の努力はある。
でも、何も知らない僕に業務を教えてくれた先輩や上司。
一緒に汗を流した同僚。

彼らがいたからこそ、僕が理想のポストに出世できたとわかったんです。

感謝することを覚えようと思った

これから感謝しつつ次のステージに進もうと思います。

今のポストで何ができるか。周りの人たちにどういう貢献ができるか、また考えたいと思います。

「働く」ことは「ハタをラクにすること」

という言葉もありますから。

初心に帰って頑張ろうと思いました!

今週の朝活でした!

PAGE TOP